ベースメイクの手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベースメイクの化粧直しはどうするの? | 化粧下地ランキング//

ベースメイクはどうやって化粧直しをすればうまくいくのでしょうか?失敗をするとファンデーションにムラやヨレが出てしまって、かえって悪い状態になります。ポイントを抑えてきれいに化粧直ししましょう。
まずは崩れてしまう前に、早めに化粧直しするようにしてください。ちょっとテカリが出た程度であれば、保湿系のティッシュで軽く抑えてからパウダーをそっとのせるだけで大丈夫です。
しかし汗などで化粧が崩れてしまっていたならば、崩れた部分はメイク落としでしっかりとってからベースをのせましょう。そのあとでパウダーファンデーションで抑えるように置いていきます。化粧直しした部分としていない部分の境目ができないよう、パウダーでしっかりぼかすことを忘れずに。
時間がないからといってくれぐれも汗や皮脂でベタベタになった肌の上にパウダーをはたくことはしないでください。化粧直しをした部分だけが厚塗りになってしまい、化粧もムラができて、結局はお化粧を一からやり直さなければならなくなりますよ。

<% metaKeywords %>

ベースメイクの手順ってどうやるの? | 化粧下地ランキング//

ベースメイク手順

ベースメークの手順について説明します。

1 まずは、土台となる化粧水や乳液をつけます。
化粧水は遠慮せずにたっぷりと肌につけ顔全体にパッティングします。乳液は顔全体にしっかり馴染ませましょう。馴染むまで少なくとも10分は時間を置くことがポイントです。
2 化粧下地を肌に薄く伸ばしていきます。
顔の内側から外側に向けて、指の腹を使ってのばしていきましょう。
3 ファンデーションを薄く塗る。
ファンデーションは薄く塗ることがポイントです。こちらも化粧下地と同じく、顔の内側から外側に向けて塗っていきましょう。Tゾーンは皮脂が多いため、化粧崩れがしやすい場所ですから、薄く均一に塗るように気をつけてください。また、目や口の周りはよく動く場所ですので、こちらも化粧崩れを防ぐために薄く塗るようにしてください。
4 最後にフェイスパウダーで仕上げます。
フェイスパウダーをのせれば、化粧の持ちが長くなります。肌にのせやすい細かい粒子のパウダーを選ぶようにしてください。

<% metaKeywords %>

乾燥に負けないベースメーク作り//

どんどん冬に近づいてきて気になるのが乾燥ですよね。
乾燥がひどくなるとせっかく頑張ってメイクをしようとしても
ファンデーションが粉吹いてしまって、かえって肌が汚く見えてしまってなんてこと
1度はありますよね。

でもそんな冬の乾燥にも負けないベースメークの作り方があります。
今からでも間に合うので是非ファンデーションが粉吹いてしまい困っている方はメモしてくださいね。
●基礎化粧品を塗ってから5分はあけてメイクを始めましょう。

化粧水・乳液等を塗ってからいざメイクに入ろうと思っても
水分がまだ蒸発しきれていないので、すぐにメイクをしてしまうと
顔がベタベタになってしまい、メイクがすぐ崩れてしまいます。

ですが、時間をあけてすぎてしまってもまた乾燥しすぎてしまうので
5分後くらいにメイクを始めましょう。
●ファンデーションの厚塗りは厳禁

乾燥が気になるのでついついファンデーションを厚く塗ってしまいますが、
塗れば塗るほど乾燥してくるとファンデーションが粉吹いてしまいます。
なので適度な量を塗ることによってきれいなベースメークが作れます。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”ベースメークは力を入れましょう!” ]

メイクをする時にどこに力を入れますか?
ほとんどの方がアイメイク、眉毛、唇と答えると思いますが、
男性が女性のメイクで見るポイントというのはなんといっても肌です。
どの雑誌でのアンケートでもほとんどの男性は肌を見ていると答えています。
何故かと言うと肌はその人の鏡みたいなものであり、生活習慣が悪かったり、
ストレスが溜まっているとどうしても肌は悪くなってしまいます。
肌を見ればその人が言われると言われるほどです。
きれいな肌に見られるためもベースメークには力を入れましょう。

ベースメークがうまく出来れば、色が白くて肌が美しい女性はか弱さ、可愛くて俺が守ってあげたいと思われるはずです!

ベースメークとは化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーですが、
塗りすぎたり、ムラができてしまうときれいな肌には見られないので、
肌が綺麗に見えるベースメーク術をしっかり会得してくださいね。

また、たまに肌が白くなりたいからといって選ぶメイク品を白いものを選んでしまって
自分の首との色の差が出てしまい、浮いてしまうので注意しましょう。

 

ベースメークの最後の仕上げはフェイスパウダーで//

ベースメークの最後にするものといえばフェイスパウダーですよね。
フェイスパウダーは薄付きが好きな人はファンデーションを塗らず、化粧下地をしてからすぐにフェイスパウダーをする人もいます。
一応フェイスパウダーもファンデーションの一種です。

フェイスパウダーはファンデーションの中では一番油分がないので
粉類と分けられるようになりました。

また、フェイスパウダーにも種類があります。
2種類あって粉タイプと固形タイプとあります。

フェイスパウダーは皮脂や汗をとってくれるので化粧崩れしにくい肌づくりができます。
また、フェイスパウダーに含まれているパウダーが細かなラメが入っているものなら
肌がより綺麗に見えるのです。

また、UVカット効果もあり、紫外線から守ってくれるものもあり、
ニキビや毛穴の汚れなど肌トラブルも見えにくくできるのです。

フェイスパウダーはベースメークの最後の仕上げだと思っているかもしれないのですが、
実は意外と色々なメリットがあるので、是非フェイスパウダーで最後は仕上げてくださいね。
どんどん寒くなりますし、乾燥からも防げます。

赤ら顔にはコントロールカラーでベースメーク作り//

どんなにベースメークをしっかりしているつもりでも
赤ら顔が隠せていなかったりしていませんか?
赤ら顔を隠そうと思って、ファンデーションを塗りすぎてしまって
どんどん肌が白くなりすぎて首との色の差が出すぎてしまって
変になっている人血行いますよね。

そんな人はコントロールカラーを使ってみてはいかがでしょうか?
赤ら顔の人にはグリーン系のコントロールカラーを使うようにもしましょう。
コントロールカラーを使ったことがない人は肌にグリーンのものを塗るなんてと
抵抗があるかもしれませんが、実は色々な化粧品会社が
グリーンが入ったコントロールを販売しているのです。

ではなぜ赤ら顔の人にグリーンが入ったコントロールカラーを使うといいのでしょうか。
それは赤にグリーンをたすと黄色に見えるようになります。
なので赤ら顔の人がグリーンが入ったコントロールカラーを入れてあげると
肌が綺麗に見えるのです。

その上からファンデーションを塗ってあげると
ずっと悩みの種だった赤ら顔はほとんど目立たなくなります。
迷われている方は一度試してみてくださいね。

いつもより10分前におきてベースメーク土台作り//

週初めは何をするにも億劫で、ベースメークをきちんとするのも面倒と思う社会人の方は多いですよね。
ですが、そんな週初めだからこそテンションを上げるために
いつもより10分前には起きてベースメークをしっかり塗りましょう。

きれいなベースメークを作るためにはまずはスキンケアからきちんとやらなければいけません。
洗顔後、コットンに化粧水を含ませて軽く顔を吹いてください。
この時にはもったいないと思わずに首までしっかり塗りましょう。
そしてもう一度化粧水を染み込ませてコットンを薄くして、
コットンパックを行いましょう。

コットンパックが終わったら、乳液をつけてきっちり化粧水が蒸発しないように蓋をしてください。
その後にベースメークをするのですが、この後にすぐにメークをやってしまうと
メイクがよれてしまうので5~10分は水分が落ち着くまで待ちましょう。
この間に朝ごはんや他の用意をしているとあっという間に時間がたつので大丈夫です。

朝からしっかりコットンパックをすると、肌がぷるぷるになるので
化粧のりがかなりよくなるのでおすすめですよ。

パーフェクトワン モイスチャージェル

甥っ子からベースメイクの相談!?//

私の可愛い甥っ子は18歳で女の子みたいな顔立ちをしていてとても可愛いのですが、
つい先日にその甥っ子から相談を受けました。

「男のベースメイクってどうやれば自然で綺麗に見える??」と言われて
最初は正直あまりにも衝撃すぎて固まってしまいました…Σ(゚Д゚)

だってだって…生まれたときから見てきた可愛い甥っ子が
私にベースメイク教えてって…しかもメイクじゃなくてベースメイクってことは
他のアイメイクとかは習得しているのかと混乱しすぎてよく分からなくなっちゃったのですが、前からメイクに興味があって雑誌を見て勉強していて将来はメイクアップアーティストになりたいけど女性用のメイク方法ばっかりで男性用はないからよく分からないということでした。

私はメイクの専門学校を出て、メイクのお仕事も少しですがしているので
色々教えてあげました。
まずは男性は女性より皮脂分泌が激しいのでベースメイクを塗る前に収れん化粧水でしっかり毛穴をしめてあげたり、ファンデーションは女性同様濃くなりすぎず、
男性はひげがあるので女性よりファンデーション浮きが激しいから注意して!と色々教えてあげました★

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”男性メイクの第一条件” ]

最近の男性はメイクをする人が増えていて、男性メイクをサイトで調べてみると
出るは出るはでこんなにも男性がメイクをしているということに全然気が付かなかった!!
よく男性がブログで紹介しているのですが、女性よりも丁寧に綺麗にしていて
もしかして女性よりメイクがうまいのでは!?と思ってしまうくらいです。

男性メイクの第一条件としてまずは「メイクをしているとばれない」ことが前提です。
なので一番気をつけなくてはいけないのがベースメイクですね。
ファンデーションを塗っている感がでるとすぐにメイクをしているのがばれてしまうので
男性メイクをするときは特にベースメイクに力を入れなくてはいけません。

男性は女性よりも肌ケアをする年齢が遅かった人が多いので
女性よりはシミやくまができてしまいがちなのですが、コンシーラーでしっかり隠せば
ファンデーションを薄く塗ったとしてもバレることはないので安心です。

また、男性メイクの特徴としてはチークは塗りません。
アイメイクはブラウンアイシャドウを薄くするか、目の淵にアイラインを薄っすら塗るくらいでここで濃く塗るとヴィジュアル系みたいになってしまいますよ。

女装メイクで大事なのはベースメイク//

最近では女装男子が増えていて、女装男子がスタッフとしている女装カフェなんてものも出来て、時代は知らないうちに変わっていくものですね。

スタッフとして働いていなくても、女装が好きな男性は年々増えていっているそうです。
理由としては綺麗になりたい、ストレス解消、違う自分になれると様々な理由が挙げられています・

女装をする上で一番大事なメイクは何でしょうか?
そう、それはベースメイクです。アイメイクとかのほうが女性らしさを出すのにいいのでは?と思われるかもしれませんが、体外の男性はひげが生えていますよね。
いくら綺麗に剃ったとしても時間がたてばまた生えてきますし、どうしても少し青くなってしまうのでベースメイクをしっかり塗っていないと女装が中途半端になってしまいます。

ひげが濃くてベースメイクをしっかりしても青いのが目立つという方は
赤みが強いファンデーションを使うことによってひげの青みが軽減されるので
きれいなベースメイクを作ることができます。

ですが、変に濃く塗りすぎると皺になってしまうので、適量を考えて塗るようにしましょう。

吉瀬美智子流のベースメイク術//

大人気女優で色っぽくてこんな大人の女性になりたいと男性だけではなく世の女性もトリコにしているのが女優の吉瀬美智子さんです。
あの類まれ無い色気はどうすれば出てくるのでしょうか。
メイクも全然濃くないのに、とっても綺麗で元々が違うのはしょうがないけど
少しでも近づきたいと言う方はまずは吉瀬美智子さん流のベースメイクを勉強しましょう。

下地を塗ってリキッドファンデーションを塗る時は必ず自分の地肌に合った色を選ぶようにしましょう。ここで白っぽいものを選んでしまうと白浮きしてしまってメイクが台無しになってしまいます。
スポンジでリキッドファンデーションを薄く伸ばしていってください。
ここで濃くしすぎるとあとでよれてしまったり、シワになってしまうこともあるので注意しましょう。
この後に目元にクリームファンデーションを塗ります。
この時にリキッドファンデーションより少し明るめのトーンのクリームファンデーションを塗るようにしましょう。

シミは一つ一つポイントごときにコンシーラーを塗ります。
時間はかかりますがこの手間こそが吉瀬美智子のようになれる一歩なのです。

男性が経験した夕方のがっかりメイク//

男性の約70%の男性が女性のメイク崩れにがっかりした経験があると答えています。
具体的に言うと「顔がテカりすぎて光っている」「朝は綺麗だったのに夕方になるとしわしわになっていてびっくりした」「朝の印象が強かったのにシミがすごく浮き出てきてこんなに隠してたんだとがっかりでした」と百年の恋も冷めてしまうような経験をした男性がこんなにも多いとは思いませんでした。

女性として言い訳はそんな仕事で忙しいのにメイク直しなんていちいちやってられないし、そんなことする暇があったらさっさと仕事を終わらせて早く帰りたいと思ってしまうかもしれませんが、職場恋愛のチャンスだってたくさんある中でせっかくのチャンスを知らない間に逃してしまっているかも。

メイク崩れをしないためにはベースメイクをしっかりする必要があります。
皮脂をコントロールすためには毛穴をしっかりしめなければいけないので
朝は収れん化粧水を使うとか保湿をしてメイク崩れをしないように
コットンパックをやるとか朝で眠たいし、面倒かもしれませんが
知らない間にどんどん女子力下がっていってしまってるので頑張りましょう。

化粧ノリを良くするためのコツとは? | 化粧下地ランキング//

化粧のりを良くするためのコツとは何でしょうか?

1 まずは、毎日のスキンケアから
特に乾燥肌は化粧のりを悪くしますから、化粧水をしっかりつけて水分を肌に浸透させてください。
2 化粧下地は必須
下地を使わずに乳液を付けた後にすぐファンデーションを付けてしまうと、ファンデーションの密着性が薄れます。化粧下地はファンデーションがつきやすく取れにくくするためにつけるものですから、手抜きをせずにちゃんと付けてください。
下地を付けるときは、乳液などが肌に浸透するまで待ってからつけることがポイントです。時間がないからといって急いで化粧をすることなく、肌に乳液の成分が浸透するまで、少なくとも10分程度は待ってからつければだいぶ違いますよ。
3 ファンデのスポンジを清潔に
最後に気をつけることはファンデーションをつけるときに使うスポンジの手入れです。
スポンジはきれいなものでないとちゃんと付かないどころか、雑菌などで肌トラブルの原因を作ります。面倒でもスポンジはまめに洗って使いましょう。

<% metaKeywords %>

 

メイクアップ化粧品の基礎知識 | シルキーカバーオイルブロックの口コミ//

メイク用化粧品には、様々な作用があります。可愛く綺麗にしてくれるだけではなく、精神的にもとても良いものです。
自分の綺麗になれば、満足するでしょう。綺麗になるためにメイクは存在しますが、精神的にも高揚感が得られ、人との付き合いも上手く行くときがあります。
内気な人が積極的に人と話すことが出来たりと自分に自信をつけてくれるものです。ネイルもまた綺麗に見せる事で、精神的にも満足感がられるものでしょう。
見た目の美しさはもちろんの事、肌を紫外線や乾燥から守ることにもつながっています。

メイクアップで理想の自分に

<% metaKeywords %>

このメイクアップ化粧品には、様々な物があります。ファンデーションやマスカラやアイシャドウ、口紅、チークなど他にも沢山の物があります。
毎日、メイクすることは面倒なときもありますが、メイクがもたらしてくれるものは美しさだけはなく、理想の自分に近づかせてくれる幸せです。
些細な幸せかもしれませんが綺麗になれて、楽しく日々を過ごせるなら、それはとても素晴らしい事です。
自分がなりたい自分をイメージして、自分に似合うカラーを見つけ、しみやしわなどの部分をコンシーラーで隠しましょう。目はアイメイクでくっきりと。
唇は健康的に見せましょう。こうして、本来の素の顔から、自分ではない自分になることが可能なのがメイクアップ化粧品です。なりたい理想の自分を想像して、より自分に合った、肌のものを選びましょう。
地味ですが、メイクだけでなく化粧下地も大事です。下地によってファンデーションのノリが全然違います。
綺麗なメイクをしようと思ったら、まずは化粧下地を整えてくださいね!

関連記事

基礎化粧品が一番大切です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加